おりものは健康のバロメーターです。おりものからわかる病気もあります。日頃からおりものチェックを心がけましょう。

menu

おりものでわかる婦人科の病気

いつも同じとは限らないおりもの

おりものは、だいたいの女性にみられます。おりものの質や性質には個人差があり、年齢やその時の体調によって変化します。また、おりものの状態はいつも同じというわけではありません。正常なおりものだと色は通常透明、乳白色、クリーム色で、乾くと黄色っぽくなります。量は、ほとんどない人から、不快感を感じるくらい大量に出る人まで様々です。

月経周期にあわせて変化するおりもの

【月経直後のおりもの】
量は比較的少なめで、さらっとした粘り気のない状態。月経後しばらくは、おりもののにおいが強いこともあります。

【排卵期のおりもの】
量が最も増えますが、においはそれほど強くありません。透明で粘り気があり、卵の白身のように糸を引きます。場合によっては排卵時に少量の出血が混じることがあります。

【黄体期のおりもの】
量は減り始めますが、月経前に再び量が増え、においがきつくなることもあります。粘り気がなくなり、色は透明から白濁したものに変化していきます。

年代によって変化するおりもの
おりものは、女性ホルモンのうちの卵巣から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)と深い関わりがあるため、卵胞ホルモンの活動が始まる頃(初潮が始まる少し前)から分泌されるようになります。

【20代のおりもの】
20代には卵胞ホルモンの分泌がピークを迎えるとともに、おりものの量も増えますが、一般的に、においはあまり強くないことが多いようです。

【30代のおりもの】
30代後半から卵巣機能は成熟の後期に入ります。ホルモンの分泌は多いものの、からだの新陳代謝が衰え始めるため、おりもののにおいが強くなる傾向になります。

【40代のおりもの】
40代以降は、卵巣機能の衰えとともにホルモンの分泌が減少し、おりものの量もだんだん少なくなっていきます。

【妊娠中のおりもの】
妊娠中は、胎盤から卵胞ホルモンが盛んに分泌され、おりものが増えます。特に妊娠初期は、不安定な胎児を雑菌から守るため、おりものの量が多くなるようです。

このようにおりものは、いつも同じとは限りません。おりものはその時の体調や年齢によっても左右されるものなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

当サイトへのお問合せ他