おりものは健康のバロメーターです。おりものからわかる病気もあります。日頃からおりものチェックを心がけましょう。

menu

おりものでわかる婦人科の病気

おりもの対策

おりものは自分でコントロールできるものではありません。

おりものの量が多い時などはおりものシート(パンティライナー)などを使用するのが一番不快感を防げる方法ではないでしょうか。中には生理用ナプキンを、おりものシートに代用されている方もいるようです。(最近では確かに生理用ナプキンも薄型が多いですからね。)

下着のままだともちろんおりものが肌に付着して、締め付けがきつい下着やパンツだと更に不快感をましてしまいますので、おりものが多い時期は、下半身を締めつけるガードル、ジーンズ、パンツは避けるようにすることも大切です。

また、おりものシートを使用するにあたっては、特に、敏感でかぶれやすい肌の人は、シートが肌にやさしい素材、通気性が良いというのがポイントになります。おりもののにおいが気になる人は、香料タイプのおりものシートもでていますので、そういったのを選ばれると良いでしょう。

紙であれ、布であれ、こまめに取り替えて清潔にしておくこともポイントですね。

女って何かと面倒ですが、おりものと上手につきあっていきましょう。

おりもの用品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

当サイトへのお問合せ他