おりものは健康のバロメーターです。おりものからわかる病気もあります。日頃からおりものチェックを心がけましょう。

menu

おりものでわかる婦人科の病気

おりものの色・症状と臭い

粘液状の悪臭の強いおりものの増加

おりもの以外の症状

不正出血、下腹部の痛み、性交時の痛み

クラミジア感染症とは?

現在日本において一番多い性感染症で、女性では80%、男性では50%に感染症状が現れないので、知らないうちに感染し、知らないうちにパートナーに感染させることもあります。

女性が治療せずに放っておくと、不妊症や子宮外妊娠の原因となります。また、女性の場合子宮頸管へ感染し、子宮頸管炎をおこします。その後、腹腔内に進入し、骨盤内で様々な症状が出ます

クラミジア感染症の検査と治療

子宮頸管からの分泌物を検査します。クラミジア感染症と診断されたら、マクロライド系、ニューキノン系、テトラサイクリン系の抗生剤を1日~1週間服用します。治療は早期発見すれば抗生物質や抗菌剤などで、2~3週間で治ります。

完治していれば再発はないと考えられますが、パートナーと2人同時の検査や治療が必要です。また再感染はあるので予防に気をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

当サイトへのお問合せ他