おりものは健康のバロメーターです。おりものからわかる病気もあります。日頃からおりものチェックを心がけましょう。

menu

おりものでわかる婦人科の病気

おりものの色・症状と臭い

ヨーグルト状のおりものの増加 悪臭

おりもの以外の症状

外陰部や膣のかゆみ、性器の炎症(灼熱感、痛み)、性交痛 、排尿障害など

外陰膣カンジダ症とは?

女性特有の疾患で、成人女性の約10%、妊婦の約30%にカンジダ菌の膣内感染が認められたとの報告もあり、男性の場合、ほとんど症状がでない場合が多いようです。カンジダ菌はカビの一種で、性行為による感染もありますが、もともと人が体内に持っていることが多い菌で、体調を崩したりしても症状を引き起こします。風邪、疲労、ストレスなどで免疫力が低下したり、ステロイド剤、抗生物質の乱用や妊娠などで症状が出ることがあります。

外陰膣カンジダ症の治療

約1~2週間、軟膏や膣剤を使用します。女性の場合は通院して、膣洗浄などの治療も受けます。症状は三日ほどで軽くなりますが、完治するには二週間ほどかかります。かゆみやおりものが無くなれば治ったことになりますが、パートナーの感染率も高いので、2人同時の検査や治療が必要です。再発する場合もありますので注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

当サイトへのお問合せ他