おりものは健康のバロメーターです。おりものからわかる病気もあります。日頃からおりものチェックを心がけましょう。

menu

おりものでわかる婦人科の病気

妊娠中のおりもの

妊娠すると、エストロゲンという女性ホルモンが大量に分泌されるため、おりものの量が増えます。特に妊娠初期や後期にはおりものの量が多くなりますが、これは体内に細菌を入れないための自然な反応です。

ただ量が増えるとは言え、妊娠中はおりものの色や臭いや量などの変化には常に注意が必要です。

妊娠中の正常なおりものの色は、白か乳白色が多いようです。以下、妊娠中のおりものに注意が必要な色をあげておきます。

妊娠中のおりもの色が茶褐色

おりものに茶色い色がついている場合は、出血している可能性があります。じわじわと出血すると血液が酸化して茶褐色になるためです。子宮口がゆっくり開いて出血している可能性がありますが、長く続いたり鮮血に変わるようであれば、すぐ産婦人科を受診しましょう。

妊娠中に膣にかゆみがあり白いおりものがある

膣から白くてポロポロしたおりものが出てかゆみを伴う場合は、膣カンジダ症の可能性があります。膣カンジダ症は妊娠中にかかりやすく、特にかぜなどで抗生剤の飲んだ後などに症状が出やすくなります。膣カンジダ症の症状がそれほどつらくなければ、治療の必要がない場合もありますが、クラミジアや子宮頚管炎<になった場合は、産道感染の危険性がありますので出産までに治す必要があります。

妊娠中のおりものの色が黄色っぽい

おりものが黄色いウミ状の場合は、B群溶連菌感染症の可能性があります。B群溶連菌感染症は女性の泌尿器、生殖器で繁殖しやすく、破水や切迫流産の原因にもなります。赤ちゃんが感染すると髄膜炎と敗血症を起こす事がありますが、抗生剤で治す事ができます。また、おりものが黄色く泡だって、強いかゆみをともなう場合は、トリコモナス膣炎が疑われます。妊娠や出産への心配はありませんが、尿道に入って尿道炎を起こす事もあり、感染している場合は夫婦での治療が必要になります

妊娠中のおりものに血が混じっている

おりものに大量の出血がある場合は前置胎盤などが原因の可能性がりますので、すぐ産婦人科を受診しましょう。また、臨月期のおりものに血が混じっている場合は、おしるしの可能性があります。しばらく様子をみましょう。すぐに陣痛が始まるようであればいよいよお産の始まりです。

どうしても、妊娠中はおりものが多くて不快な思いをされることもあるかと思いますが、おりものシートなどを利用したり、こまめに下着をかえるなどして清潔を心がけましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

当サイトへのお問合せ他