おりものは健康のバロメーターです。おりものからわかる病気もあります。日頃からおりものチェックを心がけましょう。

menu

おりものでわかる婦人科の病気

おりものの色・症状と臭い

黄色いウミ状のおりものの増加、おりものに血が混じる

おりもの以外の症状

発熱、下腹部痛、腰痛、不正出血

子宮内膜炎とは?

子宮内膜が病原菌に感染して、炎症を起こす病気です。子宮内膜症とは異なる病気です。腟炎や子宮頸管炎の菌から、感染を起こすケースが多く見られます。原因となる菌は子宮頸管炎と同じく、大腸菌やブドウ球菌、淋菌、結核菌、クラミジアなどです。

子宮内膜炎は妊娠や流産、中絶後の子宮頸管が開いている時に多くみられます。子宮内避妊器具(IUD)挿入の後に起こることもあります。また女性ホルモンの分泌が減る更年期や老年期には女性ホルモンの作用が弱まるので細菌が入りやすくなり、炎症をおこすことがあります。

子宮内膜炎の治療

抗生物質による治療が主体です。なるべく安静を保つこと、場合によっては入院が必要になることもあります。子宮内膜炎が悪化して、炎症の範囲が広がると卵管炎や骨盤腹膜炎を起こして不妊症になることもあるので、早く治療を受けて完治させることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

当サイトへのお問合せ他