おりものは健康のバロメーターです。おりものからわかる病気もあります。日頃からおりものチェックを心がけましょう。

menu

おりものでわかる婦人科の病気

おりものの色・症状と臭い

白や黄色の粘り気のあるおりものの増加。無臭

おりもの以外の症状

性交時の痛みや、性交後の出血、タンポンなどの刺激による出血、生理と生理の間に、少量の出血が続くなどの症状。

子宮膣部びらんとは?

びらんとは、ただれのことですが、実際子宮膣部がただれているわけではなく、子宮の膣に面した部分の粘膜が、赤くただれているように見えるため、こう呼ばれます。

子宮膣部びらんは女性ホルモンのさかんな成熟期の女性には多く見られる症状で、大半は良性のものです。

また、生理のある女性の60~70%が、子宮膣部びらんであると言われています。これは病気ではないので心配の必要はありませんが、ただ子宮膣部びらんがあると、子宮頸管炎などの感染症を起こしやすくなります。

ただ、子宮膣部びらんは子宮頸がんの初期症状とよく似ているので、注意も必要です。

子宮膣部びらんの治療

特にひどい症状が出ていなければ、治療の必要はありません。

症状が軽い場合はホルモン剤や、抗生物質などでの治療を行うことがあります。症状がひどければ、びらんの一部を除去するなどの手術を行なう場合があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

当サイトへのお問合せ他