おりものは健康のバロメーターです。おりものからわかる病気もあります。日頃からおりものチェックを心がけましょう。

menu

おりものでわかる婦人科の病気

おりものの色・症状と臭い

初期は無症状。進行するにつれて茶褐色や赤いおりものの増加。悪臭

おりもの以外の症状

不正出血,下腹部痛、腰痛、性交時出血など

子宮頸がんとは?

子宮の入口付近の子宮頚部に発症するのが子宮頚部がんです。一方子宮体部の内側にできるのが子宮体がんで、通常子宮がんは、子宮頸がんと子宮体がんに大きくわけられます。

子宮がんは胃がん、乳がんに次いで多いがんですが、死亡率は年々下がっています。子宮がんは早期の段階で発見されれば、ほとんどが治ります。子宮がんの70%が子宮頚部がんと言われており、子宮頚部がんは40才前後の方に多く発症しますが、近年20・30代にも子宮頚部がんの増加傾向が見られます。

子宮頚部がんの原因の多くは、ヒトパピローマウイルス(HPV)感染よるものです。このウィルスは、男性性器の恥垢や精液など分泌液の中に含まれており、セックスによって感染するという説が有力です。実際のところ、セックス経験のない人に、子宮頸がんはまれなようです。

子宮頚部がんは子宮入口付近で発症するため、検査も簡単に行うことができます。しかし、初期には症状があまりでないため、子宮がん検診を受けることが予防の第一歩です。

現在では20歳から子宮がん検診が受けられます。

子宮頸がんの治療

子宮頚部がんの治療法には外科療法・放射線療法・抗がん剤治療があります。治療の選択は、がんの種類や進行度のほか、出産の希望の有無、家庭環境、仕事の状況などが考慮されます。

早期の子宮頚部がんでは、凍結療法・高周波療法・レーザー治療などでがん細胞を死滅させる治療や円錐切除術でがん細胞を取り除く手術が行われます。早期がんでも、閉経後や出産希望のない方は子宮を全適します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

当サイトへのお問合せ他