おりものは健康のバロメーターです。おりものからわかる病気もあります。日頃からおりものチェックを心がけましょう。

menu

おりものでわかる婦人科の病気

おりものの色・症状と臭い

おりものに膿、白いおりものの増加。慢性になると黄色いおりものの増加。

おりもの以外の症状

原因菌により症状は異なります。頚管内部の腫れ、下腹部痛や腰痛、発熱、炎症が進むと性交痛など

子宮頚管炎とは?

子宮頚管炎は単独で起こることはまれで、子宮頚管炎は、子宮頚管内に球菌、大腸菌、淋菌、クラミジア、連鎖球菌などの細菌が入り炎症を起すものです。

子宮頸管は腟と同様に女性性器の中でもっとも感染を受けやすいところであるため50%以上の女性は子宮頸管炎にかかった経験をもっているといわれ、特に出産したことのある女性の場合では60%以上に認められるともいわれています。

子宮頚管炎は慢性化すると不妊になりやすいので、きちんと治療しましょう。

子宮頚管炎の治療

抗生物質の服用が基本ですが、処方薬はおりものを培養し、原因菌を特定したうえで決められます。炎症の程度によっては抗生物質に消炎鎮痛剤を併用したり、膣内の洗浄・消毒などの処置が施される場合もあります。

適切な治療を行えば、通常は1週間から10日ほどで治ります。慢性化しないよう、早期の治療を要します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

当サイトへのお問合せ他