おりものは健康のバロメーターです。おりものからわかる病気もあります。日頃からおりものチェックを心がけましょう。

menu

おりものでわかる婦人科の病気

おりものの色・症状と臭い

感染後1週間ほどで黄色い悪臭のあるおりもの。

おりもの以外の症状

発熱、下腹部の痛み。

女性の場合は、初期症状は、感染後数日で尿道炎または子宮頚管炎を起こしますが、男性より症状は軽いので気付かないことも多いのが現状です。

淋病とは?

淋病は、グラム陰性球菌に属する淋菌によって起こる細菌感染症で、男性に多い性感染症です。

淋菌感染症はクラミジアとの同時感染が20~30%と高く、女性の場合は無症状が多いため、知らないうちにパートナーへ感染させることもあります。

感染したまま放っておくと卵管炎や骨盤腹膜炎をおこし、子宮外妊娠や不妊症の原因にもなります。ただし、女性の感染者の多くは症状が出ないと言われています。

出産時の母子感染もあります。

淋病の検査と治療

子宮頸管からの分泌物を検査します。抗生剤を1日~7日間、静脈注射か筋肉注射で投与します。

男性に比べて女性では一般的に淋病治療が困難であるといわれ、投薬量は男性の倍が必要であると考えられています。

パートナーも完全に治さないとピンポン感染することになりますので、一緒に治療を受けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

当サイトへのお問合せ他