おりものは健康のバロメーターです。おりものからわかる病気もあります。日頃からおりものチェックを心がけましょう。

menu

おりものでわかる婦人科の病気

おりものの色・症状と臭い

黄色、クリーム色、茶褐色などのにおいのきついおりものが増える

おりもの以外の症状

外陰部のかゆみ炎症が進んでびらんに発展した場合、性交時に不正出血をともなう。

細菌性膣炎とは?

もとガルドネレラ膣炎とか非特異的膣炎といわれていたもので、大腸菌、腸球菌、ブドウ球菌などの細菌が膣内に繁殖して炎症を起こす病気です。

膣炎は、菌や原因にもよりますが再発を繰り返しやすいと言われています。また、ストレスや体調にも左右されて発病する場合もあります。

細菌性膣炎による炎症がひどい場合、あるいは炎症が長期化した場合などでは、炎症がびらんへ波及すること、あるいは性行為によって膣壁やびらんに機械的刺激が加わることによって、不正出血を起こすこともあります。

完治するまで治療をやめないこと、下着はいつもきれいなものを着用することなども大事です。妊娠している女性は流産や早産の引き金になるため、治療が必要となります。

細菌性膣炎の治療

膣内に抗生物質の膣錠を1週間ほど挿入したり、外陰部には抗生剤入りの軟膏やステロイド入りの軟膏を塗って治療します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

当サイト人気記事ベスト5

  1. 黒いおりもの

  2. 自分のおりものは正常なのか?

  3. 水っぽいおりもの

  4. 排卵日のおりもの

  5. タンポンとおりもの

当サイトへのお問合せ他