おりものは健康のバロメーターです。おりものからわかる病気もあります。日頃からおりものチェックを心がけましょう。

menu

おりものでわかる婦人科の病気

閉経後のおりもの

おりものは、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌の影響を受けているので、初潮がはじまるころから増えはじめます。

(中にはこどものおりものといったものもあります。)

おりものに個人差はあるりますが、エストロゲンの分泌が盛んな時期は量が増え、更年期に向かうころから少なくなります。ですから、閉経後のおりものはあまりみられないのが通常です。

閉経後におりものが増える場合は、老人性膣炎(萎縮性膣炎)を起こしていることがあります。

今までは膣の自浄作用により膣内に進入してくる細菌を防いでいたのが分泌物が減るために、細菌感染をおこしやすくなるのです。また、菌の感染がなくても、老化萎縮した膣粘膜が荒れてくることによって、炎症をおこしやすい状態になってしまうのです。

老人性膣炎は黄色いおりもの、または血が混じったピンク色っぽいおりもので悪臭をともないます。このような症状があれば、婦人科を受診しましょう。

血がまじったピンク色、もしくは茶色いおりものの場合、不正出血の可能性もありますので、子宮がん検診も受けるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

当サイトへのお問合せ他