おりものは健康のバロメーターです。おりものからわかる病気もあります。日頃からおりものチェックを心がけましょう。

menu

おりものでわかる婦人科の病気

黒いおりものと聞くだけであまりいい感じはしませんね。おりものが黒い場合はたいてい血が混じっているおりものである場合が多いです。

生理が終わった直後に月経の時に残った血液の塊がおりものに混じっているケースや、何らかの病気が原因での不正出血がかたまっておりものに混じって出てくるケースなどです。

血液の塊がおりものと混じって、下着などにつくと、黒いおりものに見えたりします。生理直後にこういった黒いおりものがみられる人は少なくないようです。

ただ、生理直後からしばらくしても黒いおりものが続くようであれば、何らかの病気が原因の不正出血とも考えられるので、婦人科を受診しましょう。

また、閉経後のピンク・茶色・黒いおりものも要注意です。こちらは生理が原因ではありません。不正出血が原因です。閉経後の不正出血はがんが原因である場合もありますので(もちろん閉経前でもがんが原因での不正出血があります)、早めに婦人科を受診するようにしましょう。

閉経後のピンク・茶色・黒いおりものは放っておいてはいけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

当サイトへのお問合せ他