おりものは健康のバロメーターです。おりものからわかる病気もあります。日頃からおりものチェックを心がけましょう。

menu

おりものでわかる婦人科の病気

CATEGORY悪いおりもの

おりものの変化で注意が必要な病気

おりものの変化で特に注意が必要な病気は以下の通りです。 感染症・性感染症 ・淋病(黄色い悪臭のあるおりもの、発熱、下腹部の痛みなど) ・トリコモナス膣炎(泡状の悪臭のおりもの、外陰部や膣の強いかゆみや痛みなど) ・クラミジア…

病気が疑われるおりもの

おりものは、正常な状態では透明や白っぽい状態で、卵白のようにつーっと伸びて、ぽたっと落ちます。一方悪いおりものとされるものは、色や臭いが違ってきます。それは性感染症や子宮の病気など、かかる病気によって状態も違います。おりものに悪臭がある場合…

悪いおりものとは?

悪いおりものとは、おりものの色や量、においに異常があり外陰部のかゆみや痛みを伴う状態をさします。 悪いおりものの原因は多く、例えば膣内に異物が侵入したとき、タンポンの抜き忘れ、子宮内に避妊具を付けたときや子宮膣部びらんのとき、細菌やカ…

身体のSOSを知らせてくれるおりもの

女性の身体はデリケート。不正出血ほど婦人科の病気の緊急性はないにしろ、おりものも健康のバロメーターと言われているくらいですから、いろいろな危険信号をだしてくるものです。 そんな女性の身体のSOSを知らせてくれるおりものについて説明しま…

タンポンとおりもの

女性が生理の際に使うタンポン。ナプキンのように何度もかえなくてすむし、便利なようですが、このタンポンのせいでおりものが増える女性もいます。 また、タンポンが原因で、トキシックショック症候群(TSS)などになる場合もあるのでタンポンの使…

黒いおりもの

黒いおりものと聞くだけであまりいい感じはしませんね。おりものが黒い場合はたいてい血が混じっているおりものである場合が多いです。 生理が終わった直後に月経の時に残った血液の塊がおりものに混じっているケースや、何らかの病気が原因での不正出…

当サイトへのお問合せ他