おりものは健康のバロメーターです。おりものからわかる病気もあります。日頃からおりものチェックを心がけましょう。

menu

おりものでわかる婦人科の病気

TAGおりもの対策

おりもの対策

おりものは自分でコントロールできるものではありません。 おりものの量が多い時などはおりものシート(パンティライナー)などを使用するのが一番不快感を防げる方法ではないでしょうか。中には生理用ナプキンを、おりものシートに代用されている方も…

おすすめ記事

  1. 黒いおりもの

  2. 水っぽいおりもの

  3. 良いおりものとは?

当サイトへのお問合せ他